2016年11月2日

審議委員
■委員長 安藤 光男

■委 員
伊藤雄二 小畑光広 佐野宏志
髙木英樹 原美千代 渡邉幸子

当社代表取締役社長 野田紀男の挨拶の後、委員長の安藤光男さんよりご挨拶をいただきました。つづいて、常務取締役 浅野隆司より近況と放送法第4条に基づく訂正放送の有無等を報告した後、委員より番組に対するご意見をいただくにあたり、放送部課長 宮崎忠之が、特別番組 「手づくり工房 あめんぼ」、新レギュラー番組「いくぜ!スポ少」の番組内容や企画意図を説明しました。


—各委員からは、特別番組 「手づくり工房 あめんぼ」ついて次のような意見をいただきました。

「上石津への移住の話と知り、興味を持って見た。雨宮さんの喜んでいる姿や、地域の人との触れ合いが描かれていてよかった。移住を推進する上石津の人たちの努力がよく紹介されていた。時地区といっても広いので、分からない人のためにも全景映像や地図で場所を説明してほしかった。プライバシーの問題があるかもしれないが、どの辺りに移住者が多いのかも知りたかった。自分たちの地域でも同様の取り組みができないか考えるきっかけになった。」
「子ども、両親、祖父母の4世代で見た。祖父母にとっては、白・黄・ピンクなど膨張色を使った小さいテロップは見づらい。」
「あめんぼに行ってみたいと思ったので、どこにあるのか詳しく知りたかった。あめんぼの採算が取れているのか、どれくらいお客さんが来るのか考えてしまったので、そこまで踏み込んでほしかった。」
「自分が住んでいる町でも過疎化は大きな問題なので、自分たちの抱える問題としても参考になった。今後、雨宮さんたち移住者がどうなって行くのか気になるので追跡取材をしてほしい。


—新レギュラー番組「いくぜ!スポ少」については次のような意見をいただきました。

「番組の中心が、ブンちゃんなのか子どもたちなのか分からない。ブンちゃんではなく子ども達が前面にでると、親も嬉しいのではないか。」
「事前取材をして、練習や試合中の嬉しい表情や悔しい表情も撮影してほしい。子どもはいついいシーンが撮れるのか分からないと思うので、カメラをずっと回し続けてはどうか。」
「出演した子ども達にとってはとてもよい思い出になると思う。スポーツ少年団が西濃にどれくらいの数あり、何人所属しているかなど、全体像が知りたい。」
「ブンちゃんのキャラは親しみやすいので、うまく生かしてほしい。本気でやって負けているのは最高。応援したくなる。」
「楽しく元気な姿もよいが、真剣にやっているところも見たい。チームをどうしていきたいかといった監督のコメントはおもしろいので、もっとチームの特色が出てくるとよい。」
「野球だけでなく他のスポーツも見たい。」


—他の番組へは、

「三ツ星クリーンが、最近とてもよくなってきた。ジョージさんの人気が高くなり、みんなが待っているのが伝わってくる。ジョージさんが地域の情報を伝えているのがよい。やりとりが自然でおもしろい。」
「AKOレシピのAKO先生がすてき。季節やイベントに合わせた料理を紹介してほしい。」

などの意見が出されました。


WEB申し込み・お問い合わせ
ご加入をご検討中の方 お申込・資料請求
ご利用中のお客さま お問い合わせ