チャンネルOCTより

大垣市総合防災訓練

大垣市総合防災訓練が行われました。総勢450人が有事の際の対応を確認しました。
午前8時に南海トラフ巨大地震が発生したという想定で行われた訓練です。大垣市は震度6強。建物の倒壊やライフラインに大きな被害が出ています。防災関係機関や地域住民が訓練会場の西中学校に集りました。災害時に最も大切なのが協力と連携です。特に被害を最小限に食い止める初動活動は地域住民の協力無しには進みません。バケツリレーでの消火活動や、建物下敷きになった被害者の救出、簡易トイレの組み立てなど自治会単位で協力して行いました。被災者への炊き出し訓練を行ったのは大垣市赤十字奉仕団。災害時用の炊飯袋、ハイゼックスを使って塩昆布で味付けしたご飯を作りました。他にも建設業協会による倒壊物撤去訓練や配管工事業者による上水道復旧訓練など様々な団体や事業所との連携を確認しました。


町民水泳大会

垂井町の町民水泳大会は町内の小学5年生以上が参加する大会で、毎年8月の日曜日にあります。中学生・高校生・成年・壮年の部があります。壮年の部で華麗な飛び込みを披露した牧野さんに会場はどよめきました。83才の山田さんは毎年出場していて「レジェンド」とよばれています。今年も泳ぎ終わると大きな拍手が起きました。


野球教室

垂井町で元中日ドラゴンズの川上憲伸さんと彦野利勝さんに教えてもらう野球教室が開催されました。垂井町や関ケ原町、大垣市から野球好きの小学生170人が集まり、投球・守備・バッティングの指導を受けました。なかには川上さんに褒められたり、名前を覚えてもらった子もいました。西濃地方の野球熱が高まりそうな教室でした。


働く女性の家 夏祭り

南濃町の働く女性の家で地域の交流を大切にしようと9年前から開かれている祭りです。バザーではみたらし団子や地元の野菜を売る店からボールすくいに輪投げなど子どもが喜ぶゲームまで多彩な出店が並びました。ステージでは地元ではおなじみの南濃三味線の演奏、庭田保育園の子どもたちが1ヶ月かけて練習してきた踊りの披露などがありました。賑わう会場で活躍したのは地元の小中学生です。バザーでは品物を渡したり、お金を受け渡したりする店長をこなし、ステージの前では司会もして祭りを盛り上げました。


WEB申し込み・お問い合わせ
ご加入をご検討中の方 お申込・資料請求
ご利用中のお客さま お問い合わせ