チャンネルOCTより

大垣西高校 センバツ21世紀枠推薦校

センバツ高校野球の21世紀枠岐阜県推薦校に大垣西高校が決まり、伝達式が行われました。大垣西高校が岐阜県推薦校に選ばれたのは3回目。秋季大会での戦いや学業と野球の両立、ボランティアなどの地域貢献が評価されました。伝達式では高野連の会長を務める大垣西高校の髙木校長から水谷教頭に表彰状が贈られました。12月15日に東海地区の推薦校が決まり、来年1月26日に全国9地区の中から3校の選抜出場が決まります。


綱引大会

ぎふ清流レクリエーションフェスティバル男女混合綱引大会と、垂井町、不破郡、そして岐阜県の4つの大会が垂井町の町民体育館で同時開催されました。垂井町の大会は、男子の部・女子の部・ジュニアの部を実施。町内の消防団やスポーツチームなど9団体が出場し和気藹々と楽しみました。一方、不破郡の大会は全国から強豪チームがエントリーし迫力と緊張感にあふれていました。岐阜県の大会は全国大会出場をかけ、垂井町の「ニコニコ・ボンバーズ」と大垣市の「G1タガース」が対戦しました。全員での練習がなかなかできないため個人練習を大切にしているG1タガース。岐阜で1番を目指して名付けた「G1」の通り、県代表になりました。全国大会は来年3月です。


牧田文化祭

公民館講座などで培ってきた成果を発表する場として14年前から開催されています。会場には写真や子どもたちの作品、地域のこれまでの活動のまとめなどが並び、訪れた人たちを楽しませました。舞台発表では地元のバレエスクールの踊りなどがあり、牧田保育園の園児たちはリズムに合わせて太鼓を披露しました。牧田文化祭で名物になりつつあるのが「まきだ食改」が作るカレーです。地元産のジャガイモ、たまねぎ、にんじんがたっぷり入ったカレーを約200食分用意。前日から下準備を始め、朝6時からさらに煮込んだため野菜の甘みが出ていて、子どもでも食べやすい味です。ほかにもおはぎやみたらし団子、地元の野菜を売るコーナーもありました。


石津地区社協 青パト隊発足

海津市南濃町で石津地区社会福祉協議会による青パト隊発足式が行われました。青パトは地域を守る青色回転灯のパトロールの略です。青色回転灯は警察から自主的な防犯パトロールに使う車だけに装備が認められています。地域住民からの要望で去年の秋から話し合いが始まり、およそ1年かけて青パト隊の発足となりました。隊員は役に立てるならと手を上げてくれた地域住民の有志16人です。地区を北・南・中の3つに分け3台の青パトで週1回巡回する予定です。


WEB申し込み・お問い合わせ
ご加入をご検討中の方 お申込・資料請求
ご利用中のお客さま お問い合わせ