チャンネルOCTより

西江小学校 そろばん教室

小学校3年生・4年生は算数の授業でそろばんを習います。3年生はそろばんをさわるのも初めての子ばかりです。そこに先生として海津明誠高校珠算部の10人がやってきました。県大会3位の実力校で東海大会に出場した生徒もいます。先生のたった一言を聞き逃したばかりに、どの玉を弾いたらよいのかわからなくなってしまうことがあります。高校生は、そばに寄り添い続けました。4年生になると、3桁・4桁の足し算・引き算を習います。珠算部部長の小澤さんはつまづきかけている子にマンツーマンで教えていました。そろばんで正解を弾き出した時と同じうれしさが教えるほうにもありました。海津明誠高校珠算部は大江小学校でもそろばん教室のアシスタントを務めています。


垂井町一周駅伝大会

冬の垂井を駆け抜ける垂井町一周駅伝大会。ジョギングではなく速さを競います。今年で52回目を迎えました。健康と体力の維持はもちろん毎年参加する仲間との絆を強めています。一般の部と中学生の部で男女に分かれて今年は町内の学校や企業など39チームおよそ300人が参加。18.9キロのコースを7区間に分けてタスキをつなぎました。全チーム中トップで帰ってきたのはロブレ スポーツジャパンチーム。今年設立したばかりの会社で普段スタッフとして働く岐阜経済大学陸上部の学生が走り全区間で先頭を譲らないダントツの走りを見せました。


墨俣一夜城 年末大掃除

若き日の豊臣秀吉がたった一晩で川の中に築いた墨俣一夜城。出世の足がかりをつかんだというエピソードが残っています。年末大掃除には資料館のスタッフや清掃専門業者が参加しました。高さ23メートルの天守閣型の資料館。最上階の中から外から軒下や窓のまわりにたまったホコリなどの汚れを落としていました。墨俣一夜城は来年まわりの河川の改修工事が完了し、四方を川に囲まれた離れ小島のようなお城になります。史実のイメージにより近い天守閣になる新しい年へと準備を整えました。


海西小学校 花祭り

全校児童102人がクラスごとに今年頑張ったことや出来るようになったことを披露しました。楽器の演奏や歌、劇もありました。「めあてをもってやりぬく子~さかせよう花の心」を目標にしている海西小学校では花を育てることを通して子どもたちの豊かな心を育んでいます。毎年花祭りには登下校の見守りや農業体験など子ども達がお世話になっている地域の方を大勢招き自分たちの成長を知ってもらいます。地域の方への感謝の会も行い、代表児童が感謝状を手渡しました。花祭りのメインイベントは風船飛ばしです。海西小学校の「花の心」を広めようと、育てた花の種とメッセージをつけて、花祭りに集まった人みんなで飛ばします。毎年風船を拾った方から学校に手紙が届きます。去年は千葉県からも手紙があったそうです。


WEB申し込み・お問い合わせ
ご加入をご検討中の方 お申込・資料請求
ご利用中のお客さま お問い合わせ