チャンネルOCTより

神戸中学校卒業生合同クラス会

昭和38年度 神戸中学校卒業生の合同クラス会がありました。卒業して55年、70歳の古希を迎える皆さんです。久しぶりの再会に、笑顔の花が咲きました。昭和38年度の卒業生およそ300人のなかから84人が参加しました。合同クラス会会長の児玉清さんは「多くの方に参加していただきありがとうございます。皆さんの余命はあと30年です」と挨拶しました。人生100年時代。まだまだ老け込むわけにはいきません。元気に、食べて飲んで語り合いました。参加者は「久しぶりでテンション高くなっています」「大勢集まって楽しい」と話していました。次の合同クラス会は2年後を予定しています。


中山道赤坂宿まつり

中山道赤坂宿まつりでは、徳川14代将軍に嫁いだ皇女和宮を中心に、将軍に嫁いだ3人の姫と行列を再現します。今年はあいにくの雨で中学校の体育館での実施でした。和宮は赤坂中学校出身で大垣西高校1年生の酒向さん。比宮は赤坂中学校3年生の長澤さん。五十宮は同じく赤坂中学校3年生の矢野さん。三人とも初の大役を華麗に演じました。酒向さんはたくさんのフラッシュを浴びて「有名人になった気分」と笑いました。


古布手芸展

姉の小川栄子さん83歳と妹の宮城久美子さん73歳の姉妹で開く3回目の手芸展です。手におさまるサイズのものや何種類もの材料を使った細かい作品など40点ほどが飾られています。最近は思うように作品が作れなくなったことから、今回が最後の手芸展と決めています。姉の小川さんは、細部までこだわった子どもの頃の思い出の風景を飾りました。古布手芸展は11月29日までエコミュージアム関ケ原で行われています。


興文中学校 興文祭

興文中学校では、ひとりひとりの声が折り重なり生まれる美しいハーモニー「絹の歌声」を目標に活動しています。興文祭は、その集大成となる行事です。クラスごとに課題曲と自由曲の2曲を歌い、学年ごとに最優秀賞が選ばれます。3年生は最後の興文祭のために、毎日のように朝、昼、下校前に練習をしました。最優秀賞の発表では、努力が実って大喜びする3年A組の生徒たちの横で担任の先生も思わずうれし泣きしていました。


WEB申し込み・お問い合わせ
ご加入をご検討中の方 お申込・資料請求
ご利用中のお客さま お問い合わせ