チャンネルOCTより

神戸町音楽会

神戸幼児園は5歳児63人で、みんなが大好きな「かわいいさかなやさん」を歌いました。上手に歌えるよう魚屋さんの絵もかいてみたそうです。下宮小学校からは4年生5年生が200回練習した成果を披露しました。北小学校・南平野小学校・神戸小学校からは6年生が参加しました。選曲は各校の自由ですが、3校とも教科書から同じ「wish~夢を信じて~」を選びました。神戸中学校からは校内の合唱祭で銀賞に選ばれた3年1組と金賞に選ばれた3年3組が参加しました。指揮が印象的な1組と表現力の3組。中学生の歌声が神戸町音楽会を締めくくりました。


ベースボールスクール

大垣市野球複合スポーツ少年団の創立50周年を記念して開催されました。中日ドラゴンズでキャッチャーとしてプレーする大野奨太選手を招きました。大野選手は荒崎小、西部中を卒業した地元大垣出身のプロ野球選手です。参加した団員は、大野選手の子どものころの思い出や上達するための心構えなどを聞いたり、バッティングやピッチングなどを見てもらいました。


下宮小学校 親子ふれあい活動

PTAが主体となって年に1回開催しています。親子のふれあいを大切にしようと学年ごとにスポーツや工作で楽しみました。1年生は来年のカレンダー、2年生はクリスマスリースと、この時期にぴったりのものを制作。6年生はiPadを使って年賀状を作りました。4年生は節目の10才を祝って記念カード作りです。生まれてから、これまでの写真と前もってとっておいた手形を貼ってシールなどで飾り付けました。文字の大きさや配置などを親子で相談しました。4年生の保護者は「昨日のことのように思い出す」「10歳を迎えてうれしい。これからも親子一緒に成長していきたい」と話していました。


せきがはらボランティア福祉まつり

オープニングを飾ったのは関ケ原中学校吹奏楽部です。J-POPやアンサンブルで会場を盛り上げました。おまつりの主役はボランティア団体の店や発表です。人形劇団の愛・あい座は300回記念公演を行いました。子どもたちが夢中になったのはボランティアれんげのお菓子つり。大人にも大人気だったのが豚汁とかやくご飯の無料配布です。時雨れる関ケ原の空の下で熱々の豚汁に舌鼓を打ちました。町の人々とボランティア団体との交流が深まりました。


WEB申し込み・お問い合わせ
ご加入をご検討中の方 お申込・資料請求
ご利用中のお客さま お問い合わせ