チャンネルOCTより

2分の3成人式

多くの経験を重ね本当の意味で大人になる30歳に地域の人とのつながりや新たな仲間、希望を発見する機会にしてほしいと開催されました。今年度30歳になる人やその家族、友人など参加した約300人は市長からの祝福を受けました。20年前の市制80周年のときに作ったタイムカプセルの開封もありました。2018年の市民へ贈るメッセージや広報、新聞など1327点が入っていて参加者の多くは自分の未来へのメッセージを書いていました。


神戸町新春マラソン・ジョギング大会

今年で42回目の開催。今年は2歳から70代まで約400人が参加しました。おととしまで元日に行われていましたが、町民がより参加しやすいよう去年からこの時期に行われるようになりました。年齢や性別ごとに、ごうど中央スポーツ公園の外周コース1.2キロから2.7キロを走りました。神戸中学校からは生徒100人ほどが参加し、来場者へ豚汁を配るお手伝いをしました。


平田中学校 ふれあい給食会

海津産キュウリのサラダに、海津産のトマトや大豆がたっぷり入ったスープ。パンには南濃みかんのジャムを練り込みました。生徒に地元の食材に関心をもってもらおうと初めて開かれた「ふれあい給食会」。海津の特産品をたっぷり使い、その野菜を作った人に来てもらいました。お話を聞いたり一緒に給食を食べると、いつもの野菜も子どもたちにはなんだか違って見えたようです。海津市学校給食センターでは地元の特産品について資料を作って配布するなど家庭や地域とも連携して地産地消をすすめようと取り組んでいます。


思いを伝えよう心の詩コンクール

大垣市の小学生を対象にした「思いを伝えよう心の詩コンクール」が今年度で幕をおろしました。女性奉仕団体・大垣ベンチャークラブが開催するコンクールで13年間の応募総数は5000点以上になります。子どもにとっては自分の気持ちを言葉にして伝える機会。そして家族にとっては、子どもたちの思いを改めて知ることができる場所でした。大垣ベンチャークラブの中村会長は子どもたちに「これからも自分の思いを周りの人に伝えて下さい。大垣ベンチャークラブはずっとみんなを応援しています」と伝えました。


WEB申し込み・お問い合わせ
ご加入をご検討中の方 お申込・資料請求
ご利用中のお客さま お問い合わせ