チャンネルOCTより

子どもの意見を聞く会

大垣市内の小中学校16校の代表が壇上に立ちました。テーマは「福祉について考える」。学校や家庭など日常生活の中で感じたことや心がけていることなどを話しました。宇留生小学校の島さんは障がいのある人と一緒に働くお母さんのことを誇りに思っていると発表しました。今年で43回目を迎えた「子どもの意見を聞く会」。子どもたちの発表を毎年聞きに来ている人もいます。20年近く車いす生活を送る大橋さんもその一人で「思いやりが一番大事だといつも思う。もっとこの会が充実するといい」と話してくれました。


かいづっちマラソン大会

ミナモマラソンから名称を変更して2回目の開催。年齢別・男女別の11の部門に約480人がエントリーしました。長良川に沿って南北に一周する河川敷のジョギングコースを駆け抜けました。途中棄権はなく2年連続全員完走でした。今尾小学校6年・佐々木くんは南濃スポーツクラブで本格的に陸上を始めて岐阜県の大会で2位。市町村対抗駅伝でも海津市代表に選抜されました。この大会では1.5キロを自己ベストの5分18秒で2位以下に大差をつけて優勝。「大器の片鱗」を示しました。


じどうかん手づくりフェア

池田町の温知児童館で手づくりフェアがありました。手芸やお菓子、アクセサリー作品の販売や体験教室など12のブースが並びました。鬼倒しゲームを用意したのは大垣女子短期大学幼児教育学科の3人です。4月からは池田町で保育士として働きます。疲れを知らない子どもに圧倒されながらも楽しい時間を過ごしました。折り紙を教えている女性は月に2回児童館で子どものお世話をする孫育ての二人です。「小さな子どもも作り方をよく聞いて折ってくれるので楽しいです」と話してくれました。ボランティアの中学生も子どもを楽しませようと大活躍でした。建築関係で働く人の団体・全建総連のメンバーは椅子作りを指導しました。小さな女の子を連れたお母さんは慣れない釘打ちや木の角を削る面取りを体験。できた椅子に座った女の子はカメラに向かってピースサインを送ってくれました。


おひなさま祭り

大垣市馬場町にあるカフェ・風地蔵では手作りのお雛様を募集して展示しています。吊るし雛や焼き物、着物を縫ったもの、なかにはヒョウタンに絵付けをしたものもあります。表情も様々です。古民家カフェで楽しむ「おひなさま祭り」は3月3日まで開催中です。期間中、作品の持ち込みも受け付けています。自分で作ったお雛様を誰かに見てもらいたい!そんな方にもおすすめの展示会です。


WEB申し込み・お問い合わせ
ご加入をご検討中の方 お申込・資料請求
ご利用中のお客さま お問い合わせ