チャンネルOCTより

大江小学校 卒業の書

自分がどういう人になりたいかを考え、漢字一文字で表す「卒業の書」。毎年6年生が卒業式のおよそ1ヶ月前に将来の自分と向き合います。書けるのは、練習と本番の2枚だけ。筆を持つ前からプレッシャーがかかります。習字の先生が書いたお手本を見ながら大きな模造紙に太くて重たい筆を使って書きました。手先だけではできません。立ち位置や向きなど体全体を使う必要があります。気持ちを筆に込めて書き上げました。今年度の6年生は17人。全員の書が卒業式に飾られます。


GODO打弾フェスティバル

今年で18回目を迎える打弾フェスティバルは愛知県や滋賀県からもお客さんがやってくるほど人気の演奏会です。神戸町で活動する団体を中心に12組が集まり、太鼓や三味線の演奏を披露しました。和太鼓ユニットのTRYは大平太鼓と呼ばれる直径1m以上の大きな太鼓の演奏や5分以上連続で叩き続けるパフォーマンスを見せました。神戸ひびき太鼓には5歳から70代までが所属しています。今回は男子中学生2人による担ぎ桶という奏法で力強さを表現しました。


三世代の意見を聞く会

三世代で住みやすいまちづくりについて考えようと大垣市の西地区に住む小中学生に「明るいまちづくり」に関する作文を募集しました。200以上の応募作品から特選に選ばれた8人が発表しました。子ども会の役員を務めるお母さんの大変さや資源回収に参加して感じたことを話す児童・生徒もいました。西中学校や興文中学校の生徒による合唱もあり、日頃の練習の成果を地域の人たちに披露しました。


つりびな小町めぐり2019

大垣市墨俣町では2月23日から3月10日まで「つりびな小町めぐり2019」が開催されます。一足早く開催をお知らせしようと現在さくら会館に市民のみなさんが手作りした「つりびな」が飾られています。23日からは墨俣一夜城や商店など美濃路墨俣宿のあちらこちらに手作りのつりびなが展示され、スタンプラリーをしながらめぐることができます。週末には楽しいイベントも多数予定されています。


WEB申し込み・お問い合わせ
ご加入をご検討中の方 お申込・資料請求
ご利用中のお客さま お問い合わせ