チャンネルOCTより

海西地区高齢者を囲む会

普段は接点がない人との出会いや外出のきっかけ作りとして10年ほど前に始まった集まりです。開始当初から子どもたちとの交流も行われています。今回参加したのは70歳以上の56人。そこに、わかば海西こども園の園児がやってきて、元気よく太鼓を叩く姿や踊りを披露しました。参加者は手拍子をしたり、思わず笑みがこぼれました。一緒にふれ合って遊ぶ時間もありました。歌に合わせて手遊びをしたり肩叩きをしてもらいました。最後はペンダントのプレゼント。子どもたちが数日前から手づくりしました。


墨俣小学校 稲刈り体験

下宿地区農地保全向上管理組合とJAにしみのの協力のもと行われている体験教室です。6月に植えた稲の収穫をしました。児童は鎌の取り扱いについて説明を受けたあと、2班に分かれて手作業による稲刈りを体験しました。前日に降った雨の影響も少なく、秋晴れの空の下、なれない鎌に苦戦しながらも自分たちが植えた稲を丁寧に刈り取っていきました。江戸時代に使われていたという千歯こきでの脱穀体験もしました。児童たちは、現在の農業と昔の農業を見比べ、農業の移り変わりを真剣な眼差しで学んでいました。最後は地元産ハツシモを使ったおにぎりが振舞われ、みんなおいしそうに頬ばっていました。


みんなでサツマイモをほろう!!

子どもたちに農業の楽しさにふれてもらおうと大垣市農業生活改善グループ連絡協議会が毎年市内の園児を招待してサツマイモ掘りをしています。今年は荒崎幼保園の5歳児37人が鳴門金時を掘りました。協議会のみなさんが早朝から用意してくれたお芋も頬ぼりました。


大安地区交通安全協会

大垣市と安八郡が管轄の大安地区交通安全協会。女性部は24支部ごとに研修や小物づくりなどをしています。毎年年末の「交通安全県民運動」期間には手作りのキーホルダーを配ります。今年で8年目です。キーホルダー作りは、みなさん慣れた様子で、来年の干支・ねずみに手際よくストラップをつけました。キーホルダーは12月18日にイオンタウン大垣で行われる啓発活動で配布する予定です。


WEB申し込み・お問い合わせ
ご加入をご検討中の方 お申込・資料請求
ご利用中のお客さま お問い合わせ