チャンネルOCTより

サマーフェスティバル

道の駅月見の里南濃でお客様への感謝をこめたサマーフェスティバルが開催されました。例年のようなステージイベントはありませんでしたが、朝市が人気でした。朝市を開いたのは道の駅月見の里南濃に農産物を出荷している南濃町の農家さんたちです。年に一度サマーフェスティバルだけの朝市に自慢の品を並べました。お客さんにとっては生産者の顔が見える機会です。おススメの調理法を聞くなど、いつもとは違った買い物を楽しんでいました。ポップコーンとかき氷の無料配布や輪投げのコーナーもあり、小さなお子さんもうれしそうでした。朝市の売り上げは全額令和2年7月豪雨による被災地への義援金になります。


訪問介護のための研修

池田町社会福祉協議会では訪問介護員や介護支援専門員などで毎月研修会を開いています。1日に3~4軒を訪問するみなさんは新型コロナの流行に関わらず自分が感染源にならないために日頃から感染症予防を徹底しています。今月は緊急時のための防護服をビニール袋とガムテープで作りました。出来上がると利用者さんの肌にあたったときの感触を確認しました。また透明なビニール袋は見えづらく作るのに少々骨が折れましたが、黒や青より利用者さんに圧迫感が少ないとの声も。まず利用者さんのことを考えるみなさんでした。


垂井町観光ガイド養成講座

垂井町が去年から行っている観光ガイド養成講座。観光ガイドとして活動するために必要な現地研修やマナー講座など全7回です。2回目の講座では中山道57番目の宿場としてにぎわった垂井宿について学びました。防火対策が残った貴重な建物や江戸時代に建てられた旅館など30か所を2時間半まわりました。参加者は「見る所が多かった」「自動車から横目で見ていたが、足を使って現地を知ってよかった」などと話していました。


レンタルサイクル寄贈

秋にオープンを予定している岐阜関ケ原古戦場記念館に協賛企業から自転車が寄贈されました。寄贈式には、関ケ原製作所や藤塚工務店など地域の協賛企業14社が参加しました。現在、関ケ原町内では、駅前観光交流館などで約50台のレンタルサイクルが運用されています。岐阜関ケ原古戦場記念館のオープンで、より多くの人に貸し出せるようにと、新たに電動自転車など20台を寄贈。関ケ原製作所の林常務取締役は「合戦の様子を思い浮かべながら、自転車でゆっくりと巡って頂くと関ケ原町の地域性や合戦の歴史が時代を超えて体験できるのでは」と話しました。レンタルサイクルは電動自転車が1日2200円。普通自転車、子ども用自転車は1日1100円です。4時間以内の場合は半額で借りられます。


WEB申し込み・お問い合わせ
ご加入をご検討中の方 お申込・資料請求
ご利用中のお客さま お問い合わせ