チャンネルOCTより

大垣ミナモソフトボールクラブ

必昇再輝をスローガンに日本リーグ1部昇格を勝ち取った大垣ミナモ。昇格報告会では感動と勇気を与えてくれた選手を大きな拍手で迎えました。監督と選手によるトークショーでは、次期キャプテンの須藤選手が意気込みを話しました。今シーズンで退団する選手とマネージャー10人の発表もありました。若返りを図り、1部定着を目指す大垣ミナモ。開幕は来年4月の予定です。


金生山自然講座

金生山化石館で化石を探す自然講座がありました。サンゴ礁で作られた石灰岩でできている金生山で砂の中から魚の歯や小さな貝の化石を探します。化石がこわれないように細い筆の先にくっつけて取り出しました。子どもの作業に保護者も興味津々。作業を体験するお母さんもいました。探し出した化石はケースに入れて持ち帰ることができます。子どもたちは宝探しのように時間を忘れて顕微鏡をのぞきました。


花展

関ケ原ふれあいセンターで池坊大垣支部と池坊長良支部が開催した花展。主催者の川瀬禎子さんは御年90歳です。関ケ原町の公民館で指導しています。今回は『絆』をテーマに、人とのつながりを表現しました。90歳を記念して、川瀬さんのひ孫さんまでご家族4世代で出品。ひ孫さんのあおいちゃんは3歳、初めて活けたお花でした。川瀬さんは「こんなにうれしいことはない。お花から元気をもらっているおかげ」と話していました。


日比野五鳳 秋季展

神戸町出身で現代仮名書壇の最高位にあられた日比野五鳳先生。代表作品283点が所蔵されている記念美術館で秋季展を開催中です。大野百錬に漢字を学び、それを基礎に、独学でかな書を研究しました。自らを「岐阜のタニシ」と称し、素朴・実質を重んじたと言われています。美術館で五鳳先生の作品を展示するのは春と秋の年2回だけ。ご子息の光鳳先生の作品もあります。秋季展は11月30日までの開催です。


WEB申し込み・お問い合わせ
ご加入をご検討中の方 お申込・資料請求
ご利用中のお客さま お問い合わせ