チャンネルOCTより

上石津中 SDGs学習

持続可能な開発目標「SDGs」について学ぶ上石津中学校の1年生が、理解をより深めるために大垣工業高校の出前授業を受けました。講師は、3月に卒業した4人。みんな上石津中学校出身です。SDGsとは何かに始まり、現状や今後の展開について話しました。電子機械部に所属していた川添くんは、SDGsの取り組みで大垣まつりのヤマにLEDライトを取り付けました。「提灯の火が燃えると二酸化炭素がでる。それを少しでも削減する環境に優しい活動です」グループに分かれた交流では、中学生が実践した取り組みを発表。先輩からは、身近にできるSDGsのアドバイスをもらいました。「ゴミ拾いや残飯を出さないように給食を食べることもSDGsにつながる」小さなことでもSDGsにつながることを知りました。


京ちゃん家の朝ごはん

池田町にモーニングが大人気のお店があります。県内最強と多くのお客さんから太鼓判を押される「京ちゃん家の朝ごはん」です。去年の10月に温知小学校の目の前にオープンしました。噂のモーニングは、日替わり。この日は、コーヒーはもちろんデザートやうどん、ハンバーグなど12品で税込み400円です。モーニングは全部で5種類。どれも大ボリュームです。お店を切り盛りするのは、小森京子さん。長年勤めていた看護師の仕事を退職後に念願だったお店をオープンしました。「だってね遊びなんだもん。昔からごはん屋さんやりたかったし、今の居場所。楽しい!」と、笑顔で話す京ちゃん。充実した日々を送っています。京ちゃん家の朝ごはんは、売り切れ次第終了です。


大垣ミナモPR看板設置

日本女子ソフトボールリーグ1部に参戦する大垣ミナモソフトボールクラブを盛り上げようと、大垣駅南口前に新しい看板が設置されました。設置作業をしたのは、新人選手ら10人と職員。チーム写真がデザインされた新しい看板の前で、4月3日から始まる1部リーグでの活躍を誓いました。大垣ケーブルテレビは、開幕戦を取材し4月から始まる「デイリーUPプラス」「はばたけ大垣ミナモ」でお伝えします。


海津市へ企業版ふるさと納税

大垣ケーブルテレビは、企業版ふるさと納税を活用して海津市に寄付しました。海津市が進める第2期海津市創生総合戦略計画。大垣ケーブルテレビや山口化成など4つの企業は、小中学校への大型モニター整備事業に賛同し、あわせて370万円の寄付を行いました。松永市長「デジタルを活用した教育を進めているが、全てをそろえるには相当な費用がかかる。寄付をいただけることはたいへんありがたい」日新中学校では、各クラスにモニターを設置。授業で活用しています。教科書と同じ内容を表示することで、生徒が発表する時に分かりやすく説明できるようになりました。大垣ケーブルテレビは、今後もエリア内の市町で、企業版ふるさと納税制度を活用していく予定です。



WEB申し込み・お問い合わせ
ご加入をご検討中の方 お申込・資料請求
ご利用中のお客さま お問い合わせ