チャンネルOCTより

大垣南高校オーケストラ部 定期演奏会

大垣南高校オーケストラ部の定期演奏会がありました。オープニングを飾ったのは、イギリス民謡を編曲した行進曲「日曜日は17歳」。音楽の楽しさを感じる明るくリズミカルな曲でスタートです。岐阜県内唯一のオーケストラの部活動。この部を目指して南高校に入学する生徒もいます。およそ1時間の演奏会は、クラシックの名曲から、校歌、ディズニーソング、嵐メドレーなどで、迫力の音色を響かせました。このステージで引退する28人の3年生部員。入部当時に聞いた先輩のパイレーツオブカリビアンに憧れ、練習に励んできました。鈴木彩那部長「終わってしまうのは悲しいけど、一緒に活動する楽しさは、今後の財産になるので感謝している。アンコール曲のアイデアは、入部したころから演奏していた。とても楽しい歌でそのころを思い出した」。2年ぶりの定期演奏会。司会は放送部。照明は演劇部。入部したばかりの1年生は、ダンスで登場。多くの力でステージを作り上げました。


海津市霧島市 交流50周年

海津市と霧島市姉妹都市交流50周年記念して、両市をPRするラッピング飛行機が運行さることになり、中部国際空港で就航セレモニーがありました。機体には、海津市のマスコットキャラクター「かいづっち」と霧島市の「茶のミコトくん」が施されています。宝暦治水の難工事を成し遂げた薩摩義士が縁で、昭和45年に始まった交流。去年の秋で50年になりました。コロナ禍で行えなかった記念行事がやっと開催されました。アニバーサリー号で到着した霧島の人々と共に、50周年と就航を祝いました。アニバーサリー号は、これから1年半、全国の空で二つの市の友好をPRします。


子育て世代を応援する「AA」

音楽やヨガ、茶道など、さまざまなことを親子で楽しめる施設「AA(ダブルエー)」が、赤坂町にある安藤音楽教室のとなりにできました。施設をオープンしたのは、教室の代表安藤いづみさん。保育士の経験があり、長年の夢だった子育て世代を応援する施設をオープンすることにしました。施設は、教室や展示会、コンサートが開けるホールと茶道や華道の教室が開ける和室。そして、一時預かりの託児所です。安藤さんは「まだ一歩踏み出したばかり。地域に密着した子育て支援で、誰にでも親しみやすい施設になるといい」と話しました。5月3日月曜日には、オープン記念のイベントがあります。テイクアウトの飲食や茶道体験会、演奏会などを予定しています。


揖斐高校 幼児用おもちゃ作り

揖斐高校の生活環境科の保育コースでは、保育士を目指す生徒向けに、間伐材を使ったおもちゃ作りの実習を始めました。挑戦したのは鉛筆のストラップ作り。鉛筆を削ったことがない生徒たちは、初めての小刀に大苦戦。それでも15分ほどで扱いに慣れ、次々と可愛らしいストラップを仕上げていきました。実習を終えた生徒は「保育はいろいろな面で子どもに関わることが多い。苦手な絵や折り紙も頑張っていきたい」と話してくれました。今後は、園児と一緒に行う実習も検討していきます。


WEB申し込み・お問い合わせ
ご加入をご検討中の方 お申込・資料請求
ご利用中のお客さま お問い合わせ