チャンネルOCTより

神戸町 公共施設の花飾り

神戸町の公共施設で、町の花屋さん4店舗によるアレンジメントと鉢植えの展示が始まりました。コロナ禍で低迷する花の消費拡大と生産者支援が目的です。中央公民館に飾られているのは、ロワール神戸店の観葉植物の鉢植え。そしてフローラル花夢館神戸店のアルストロメリアのアレンジメントです。役場のロビー中央は、揖斐川園芸が竹を生かして坪庭のように飾りつけました。また、受付の手前では、イシハラ花店のバラのアレンジメントが人々を迎えています。バラとアルストロメリアのPRも兼ねた花飾り。12月まで、アレンジメントは2週間ごと、鉢植えは1か月ごとに新しくなります。


ブルーへブンを君に

映画『ブルーへブンを君に』の舞台は、岐阜県西濃地域。公開を前に監督の秦建日子さんに見所を聞きました。Q1映画の見所は?「僕たちが取り戻さなければいけないかつての日常がそのまま詰まっている映画。私たちが暮らす街はこうだったよねと感じながら見ていただけるとうれしい」Q2ロケ地の岐阜・西濃に最初に訪れたときの印象は?「こんなにも素晴らしい景色に満ち満ちた地域が日本にあるんだと感動した」Q3この映画が他のものと違うところは?「地元で行われる映画の撮影を横目で見るだけではなく、せっかくだから参加してみよう!そういう映画にしたいと思った。なるべくたくさんの人に出演いただけるような内容にした」。『ブルーへブンを君に』は、大垣コロナシネマワールドで見ることができます。


夜叉ヶ池 登山道開通

冬場閉鎖されていた夜叉ヶ池へつづく、町道川上~池ノ又線と登山道が開通し神事が執り行われました。町長や、観光協会、登山客などが参加し安全を祈願しました。岡部栄一町長「自然の中で身体を鍛えて、きれいな空気で英気を養おうと思っている人も多い。そういう人たちを山へ迎え入れて、楽しんでもらえたら良い。地元の方々の尽力によって山開きと神事が行われた。大変ありがたく感謝している」。町道川上~池ノ又線と登山道は、11月中旬まで利用できます。


季節のお出かけ

6月10日にオープンした谷汲ゆり園。地元の住民が大切に育ててきた三十万本が順に花開いています。今年は5月の中ごろに雨が続いたため茎や葉が枯れないよう特に気を使ってきました。ヒノキの木陰にはベンチもあります。のんびり森林浴が楽しめます。7月10日までの開催です。関ケ原ウォーランドでは、日本一の願掛け風鈴まつりが行われています。園内の風鈴は「コロナ0」にちなんで5670個。伊吹山からの風を受けて涼やかな音を響かせています。200mに及ぶ風鈴のトンネル。実は途中で音が変化します。どこから変わるのか?ゆっくり散策してください。池田町の弓削寺では、アジサイが次々と花を咲かせています。一雨ごとに鮮やかさが増すといわれるアジサイ。7月初旬まで楽しめます。


WEB申し込み・お問い合わせ
ご加入をご検討中の方 お申込・資料請求
ご利用中のお客さま お問い合わせ