チャンネルOCTより

坂内小中学校 防災運動会

児童、生徒あわせて4人が通う坂内小中学校。コロナの影響で数々の学校行事が中止になる中、思い出作りと防災に対する意識を高めてもらおうと今年はじめて防災運動会を開催しました。競技は全部で4つ、最初は防災かるた。中学3年生の新井さんがつくったオリジナルのかるたにみんなで挑戦です。続いて防災障害物リレー。大きな地震が発生したときに備えて障害物を乗り越えて避難できるように練習する競技です。最後は救済大声選手権。建物などに閉じ込められたときに大きな声で助けが呼べるようにと考えた競技です。中心になって準備をした新井さんは「防災運動会を計画したときに楽しく防災を学んでほしいと思っていた。かるたなどで学んでくれたのがよかった。自分も楽かった」と話してくれました。


ドライブスタンプラリー

日本自動車連盟JAFと岐阜県観光連盟が共同で企画したドライブスタンプラリーが開催中です。スマートフォンからネットを使って参加できる西美濃武将と歴史を巡るスタンプラリーです。北は揖斐川歴史民俗資料館から南は海津市歴史民俗資料館まで、岐阜県西濃地域の全10の施設を回りスタンプを集めます。参加方法は、ドライブスタンプラリーと検索。参加したいコースを選択しスタンプスポットを目指します。到着したらQRコードを撮影しスタンプをゲット!プレゼントに応募すれば、5つ以上のスポットでチャレンジ賞、10のスポットすべて周るとコンプリート賞が抽選で当たります。開催は8月31日火曜日までです。


移動スーパーとくし丸

垂井町で移動スーパーとくし丸の出発式がありました。とくし丸は、全国展開する会社で、現在800台ちかく活動しています。販売パートナーとなる個人事業主が拠点店舗の商品を積み込んで各地域を回ります。ヨシヅヤは7台目で、垂井を拠点とするのは初めてです。今後、月曜から土曜の週6日、垂井と関ケ原、大垣の116か所を3コースに分けて回ります。これまで福祉施設などで働いてきた伊藤さんは400種類1000を超える商品の積み込み、担当者に教わりながら作業。出発式を終え、販売先に出発しました。


「岐阜百秀山」発行

コロナ禍で近場の登山を楽しむ方が増えています。そんな方にオススメの本「岐阜百秀山」が発行されました。著者は大垣山岳協会常任理事の清水さん。岐阜県の山の魅力をもっと多くの人に知ってもらおうとおよそ5年かけて完成させました。清水さんは社会人になってから登山を始め全国800近くの山。県内では、200以上の山に登りました。その中から山の姿、眺望や森林の状態などから独自の基準で100を選びました。山ごとの特徴や情景だけでなく登山に必要な情報も示しています。「コースや時期、登山道の整備、標準のコースタイム、難易度を入れて初心者にもなじみやすい山なのか技術がいる山なのかを書いた」。岐阜百秀山は大垣市内の書店でも販売中です。


WEB申し込み・お問い合わせ
ご加入をご検討中の方 お申込・資料請求
ご利用中のお客さま お問い合わせ